コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

◆朗報です

b0046050_12311588.gif文部科学省から次期学習指導要領(答申素案)が公表されました。とくに高校の教育課程が大きく改革されるようです。これまでも20世紀の国民教育から21世紀の市民性教育への転換について発信を続けてきましたが、いよいよ市民性教育が学校現場でも実践される時代になりますね!(^▽^)

b0046050_18491226.gifちょうど同じ日に教員免許状更新講習【十字モデルで「やわらかい議論」をデザインする】の場でこの話をしました。ワークショップを体験された先生方が「同僚を巻き込んで広めたい」と言ってくださり何よりの励ましです。懐かしい先生とも再会して、何かが始まりそうな予感です。(^-^)

[PR]
# by tomac | 2015-08-08 11:00 | やわらかい議論ワークショップ

◆まんが十字モデル桃太郎、完成しました!

とうとう「まんが十字モデル桃太郎」が完成しました!

非営利の教育目的であればプリント教材として配布してご利用いただけます。カラー印刷でお楽しみください。

タブレットがあれば電子教材として最適です。(^_^)b

◆ダウンロードはこちらから(PDF 13MB)◆

b0046050_14515093.gif

なお、著作物の転載・改変はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

[PR]
# by tomac | 2015-03-28 15:00 | コミュニケーション能力って

◆おまたせしました!十字モデル卒論マニュアルビデオです

十字モデルで論文を書くということをどのようにイメージしたらいいのか?学生の目線で学生の言葉で説明してくれました。ちょっとくやしいけど、私が説明するより、はるかにわかりやすいのだろうと思います(笑)。
b0046050_1647443.gif

◆YouTubeはこちらからどうぞ◆

十字モデルで協同的に論文を組み立てる、ということについてはこちらの本で紹介していますが、やっぱり教師の目線で書いているので、学生自身が参考にできる内容では必ずしもないのかもしれません。そもそもこの本は大学教員むけに編集された本なので当然なのですが。
b0046050_16503376.gif
『思考し表現する学生を育てるライティング指導のヒント』「十字モデル」で協同的に論文を組み立てる(pp.32-53)関西地区FD連絡協議会・京都大学高等教育研究開発推進センター編,ミネルヴァ書房(2013)
[PR]
# by tomac | 2015-03-01 17:00 | 牧野ゼミ(卒業研究)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31