人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■受講生のみなさんへ : ふりかえりと試験対策(3)

もう20年前の話ですが、私がみなさんと同じ大学生だったときは
「大学なんて、こんなものさ」
とは思えなかったです。それだけ子どもで、青かったのかもしれませんね。けれどもそれが私の「変人」たるゆえんでして、そこであきらめずに、若者ゆえの青さを発揮して、
「このままでいいはずがない。変えなきゃいけないんだ。他の人がしないなら自分がやる。」
と志して、そのあとは、一心不乱に突き進んできたのです(笑)

思い通りにならないことはたくさんあったけれど、それ以上に、志に賛同して惜しみなく力を貸してくれる人たちとの出会いが与えられてきたおかげで、「ほら、やってみればできるでしょう?」といえるところまで、ようやくたどりつけました。20年かかりましたけど。

そんなふうに思わせてくれたコメントをみなさんの「ふりかえり(自己評価)」からご紹介します。

-----
●授業の前はなんとなくこの授業を選んでみたが、実際受けてみると、この大学で一番しっかりした授業であり、すごくおどろいたし、うれしく感じた。大学とはなんだか楽なところだと思っていた。この授業により先生に対する見方が少しかわった。10点満点中6点: 朝9時までにちゃんときていたところは自分をほめたいと思う。しかし、授業の第1~4回くらいまではまったく先生の言っていることが理解できず、不満でいっぱいで先生の言葉をきこうとすらしなかった点があったので、そこはマイナスになると思うので6点とした。

●最初は正直朝早すぎていやでやる気なかったけど、先生やゼミ生の授業に対する取り組みに心が動かされた。

●はじめは毎回レポートとかだるい!!と思っていたけど、レポートを書くことによって知識が増える手助けになっていて、良かったと思います。

●まず一番に、授業態度が変わったと思います。この[レポート用紙]に書いてあるように、私には「対話の責任」があるということを意識するようになりました。

●対話に対して責任を感じるようになった。

●火曜の夜は色んな天気予報を見て遅れないようにがんばりました。

●私が大学の授業に求めていたものは、知識などではなく、卒業単位がもらえさえすればいいと思っていた。しかし、この授業を受けて、授業を聞く意味や、自発的に考え、それを相手に伝えることの大切さを学んだ。だから、前半ではただ客観的に授業をながめていただけの私の授業態度を、考えながら共感または反論を抱きながら授業を受けるという態度(意識)に変えることができた。

●最初はちゃんと来ないといけないし、いやいやだったけど、努力していくうちに楽しみな授業になった。自分自身の取り組みを点数で表すと 50点: 理解できているところとできていないところがあります。試験勉強を通して、もう一度じっくり考えていかなければならないと思った。
-----


がんばってね!
by tomac | 2009-01-23 14:19 | 牧野ゼミ(対話デザイン)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30