コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

◆卒業制作という道を切り開く

牧野ゼミの卒業研究は「ショート論文」と「マルチメディア作品」の二本立てというスタイルが定着してきましたが(事例はこちらに)、

メンバーの人数が年々増えて、来年は14人、その翌年は16+1人になります。卒業研究の指導は分野によって異なるので、他のゼミのことはわかりませんが、少なくとも、私が一人で指導することを前提にすると(院生がいればまた違うのでしょうが)、ショート論文とはいえ、全員に研究論文の指導をするのは体力的な限界を感じるようになりました。

そんな中、今回の卒業生(第4期生)は、「卒業制作」という新しい道を切り開いてくれました。思えば、本格的に映像表現に取り組んだのは第4期生からのことで、その意味では、「卒業研究」ではなく「卒業制作」を選ぶメンバーが出てきたことは自然ななりゆきだったかもしれません。

彼は、「自分は論文には向いていないし、映像制作会社への就職も決まっているので、映画をつくりたい」という希望を最初から訴えていました。けれども、私はなかなか「うん」と言えず、「本当にできるの? たった一人で? じゃあ、これなら大丈夫って思わせてよ」と言い続けました。結局、夏休み明けの進捗報告を聞いた時点で、「わかった。できるところまで、やってごらん」と初めてGOサインを出したのです。

「私には映像制作の専門的な指導はできないよ」と突き放しつつも、ゼミのテーマである「表現活動」の一つと考えれば、このゼミなりのスタイルがきっとあると思いました。最終的に全編の完成には届かず、彼が発表会で披露したのは2分間の【予告編】です。



本人は十分に納得いかなかったようですね(自己評価PDFはこちら)。

ただ、ゼミの担任から見れば、前例のない中で、「映画をつくる」ということのすべてをたった一人でこなし(といっても、もちろん、そのために何人もの関係者とコミュニケーションをとらなければならなかったはずで、それが彼にとっては研究よりも価値ある経験になるはずだ、と私は判断しました)、卒業研究に取り組んだ他のメンバーたちと比較しても、決して劣ることのない成果を形にすることができました。

こうして、新たな道が開拓されたので、今後は研究に向いていない学生に論文を強要する必要がなくなります。メンバーがそれぞれ自由に、独創的に、表現の可能性を追求できる環境がまた一つ整いました。
[PR]
by tomac | 2009-03-26 14:24 | 牧野ゼミ(卒業研究)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30