コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

◆はじめてのカリキュラム開発論

カリキュラム開発論という教職科目が、今年度から全国一律で新設されました。3年次生が対象で、その背景には教職を取り巻く改革の流れがあるのでしょう。最近は教員養成課程を4年制と6年制の2段階にするという構想が検討されているようですね。

とにかく、初めての授業で、しかも教職ですから、授業評価アンケートの実施はやっぱり緊張しますよ。ドキドキしながら自由記述の用紙を読ませてもらいましたが…。

好意的なコメントに、ほっとしました。(~_~)

-----
・今年から開講された授業のようですが、この講義を受講出来て良かったです。これからもさらに学んでいきたいです。
・この授業を受けるはじめての学年ということで若干の不安はあるが、先生がとても丁寧に授業をして下さるので、それ以上にやる気になる。

・知識として学ぶのだけでなく、グループで話し合い共有できるこの授業は、他の授業では体験できず、とても自分のものになってきています。残りも真剣に取り組みがんばっていきます。
・グループワークは正直めんどくさいけど、この授業に関しては楽しいです。

・分かりやすい授業でありながら、私が全く知らないことが多くあり、大変面白い授業だと思います。
・ビデオを流すだけではなく、わかりやすく解説をしてもらえるので、理解しやすいです。

・毎回一班ずつ発表する形式が、意欲がわきました。とてもおもしろい授業だと思っています。先生の心が伝わってきます!
・いつもためになる授業をありがとうございます。

・カリキュラムについて論理的に説明してくれたので分かりやすかったです。
・劇とか、おもしろいと思います。

・私はコミュニケーション論(牧野担当の別の科目)を履修しませんでしたが、授業の中でも十分理解できました。すごくわかりやすいので、今後のカリキュラム開発論の授業もこの内容で授業が行われることを期待します。
-----


当然ながら、改善の余地は大いにありますが、30人弱という小規模クラスであることと、教職ですから真面目な学生が多いので、学生と教員の相乗効果だと思います。

いよいよ「ミニカリキュラムの開発」という山場を迎えますが、学びの成果を実感するときが一番、報われる瞬間です。
[PR]
by tomac | 2010-06-07 18:50 | やわらかい議論ワークショップ
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30