人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

◆サンデル教授、わざあり。

ハーバード白熱教室@東京大学、ご覧になりましたか? 実際に日本人の学生や市民が集う様子や、興奮して語る人たちの映像を見ると、盛り上がっているという実感がわきますね。東大生300人と一般枠の500人(10倍の倍率から選抜された方々)と聞いていましたが、発言した学生の多くは帰国子女あるいは留学経験者だろうな、という印象を受けました。その意味では、日本の大学の、ごく日常の授業とは、かなりギャップがあることは否めません。

けれども、サンデル教授の授業をメディアが取り上げてくれたことの影響力を考えれば、日本の市民性教育の発展への貢献の大きさははかりしれません。時差ボケもあったでしょうに、3時間半におよぶ議論の学び合いを実践してくださったサンデル教授に敬意と感謝の気持ちを表します。

サンデル教授の授業実践が、どれだけ高度に複雑な「わざ」なのか。要するに、「対話」をおこすこと(言葉と言葉をつなげること)それ自体がそう簡単にできることではなく、さらに、それを「学び」に発展させることはいっそう難易度が上がります。にもかかわらず、慣れない初めての聴衆を相手に「哲学」「倫理学」の本質に迫りながら、なおかつ、最後は「ヒロシマ」の問題に触れるところまで議論を発展させるなんて、さすが、ですね。

私は、学校現場の「対話による学び」の実践を追いかけて、現在その本を執筆中ですが、「対話による学び」の大学版(の一つの形)を見せていただきました。

ただし、今回の試みは極めて特殊なケースである点も書き添えておかないといけないでしょう。日本の一般的な大学の授業で、サンデル教授の「わざあり」授業を期待するのは現実的ではありません。日本の市民性教育のためにしなければならないことがまだまだあるな、と思いました。


◆サンデル教授の番組はこちら◆
by tomac | 2010-09-27 12:40 | やわらかい議論ワークショップ
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31