人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■ブログとe-Learning

 「ブログ」のことは、東通産業(株)の江原氏から、最初に教えていただきました。

 今年のはじめ、大阪(梅田)で開催された「exCampus」の研究会に(東通産業主催)に出席したのですが、それがきっかけとなって、後日、伊藤部長と江原マネージャーがわざわざ山頂のキャンパスに足を運んでくださったという経緯がありました。お二人はとても熱心に私の話に耳を傾けてくださったのですが、そのとき、

◆映像クリップを添付できる掲示板をe-Learning環境として応用する可能性

 について熱く語ったのを、江原さんが覚えていてくださったのです。

 しばらくして、このようなメールをいただきました。(2004年3月19日付)

> 毎度お世話になっております、江原@東通産業です。
>
> 先日おうかがいした時に先生のお話をうかがって私なりに理解した限りでは、
> exCamusなどの一方的な授業コンテンツ垂れ流しよりは、学生相互や学生と
> 先生との相互コミュニケーションをサポートする環境のほうにご興味を
> 持っていらっしゃるように思えました。
>
> 昨年末あたりから一部で流行している「ブログ」みたいな環境を
> 学内で構築することにご興味は無いでしょうか?
> 私の部署では、従来型e-Learningシステムの販売に加えて、
> 将来的にはブログ環境のインテグレーションも手がけようかと考えています。

 なるほど!

 たしかに、映像に強い「exCampus」と「ブログ」の共同構築性をうまく組み合わせたら、面白い環境ができそうだなあ、と思いました。

 ただ、当時はまだ複数のメジャーなプラットフォームを併用しながら、e-Learning実践を走らせていた時期だったので、そこまでの余力がなく、しばらく保留にさせていただきました。

 あれから半年が過ぎました。ようやく、まとめの段階にはいり、来月頭には「E-Learn 2004」( Washington DC, USA)にて、包括的な報告としての研究発表に臨む予定です。

 遠隔授業でも、ここまでできる!

 ということを確認できたのが最大の成果だといえますが、研究発表とは別の次元で、ふりかえって思うことは、それぞれのプラットフォームに一長一短があるけれど、結局のところ、それだけでは理想的な学習環境にはなりえない、という実感です。

 もちろん、膨大な事務処理や手作業が自動化されるのはとても便利だし、普通教室ではできないことがe-Learningのプラットフォームによって簡単に実現します。けれども、あるシステムから別のシステムへのコンテンツの移植は、想像していた以上に「めんどくさい」です。別の言い方をすれば、「小回りがきかない」というのか。

 大学という巨大な組織の中で運用するだけなら、それで十分かもしれませんが、そもそも、e-Learningの可能性は、そういう「枠」を取り払うことができる、という可能性に集約されるのではないでしょうか?

 既存のシステムにあわせて授業を設計するのではなく、きまった枠のない自由な空間で、その時々の可能性を追究していこうと思うと、いわゆる「コース管理システム」のように、授業を「管理する」ためのおおげさなツールは、かえって「足かせ」になるのかもしれない、と思えてきます。

◆風呂敷ひとつに必要な教材コンテンツを包んで、あとは、人と人との相互作用を自由にデザインできる環境さえあればいい。

 というわけで、たどりついたのが「ブログ」でした。

 現状では、画像の添付機能がデフォルトになっているのが一般的なようですが、これに映像クリップを加えて、しかも、その映像クリップの制作と送受信をケータイでお手軽にできるようになるとしたら、私の描く「理想的な環境」にぐっと近づくのですが…。

 授業管理に関わる作業は決して無視できないけれど、それはあくまでも後から付随してくるもので、まずはやっぱり、「どんな学びを創造することができるのか(したいのか)」という発想が出発点だと思います。

 この出発点を見失わずに、これからもe-Learningの可能性を追究していきたいな、と思う今日この頃です。
by tomac | 2004-10-17 14:17 | eラーニングあれこれ
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31