人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■病気から学んだこと (その5) → 人生とは…

 このシリーズの最終回として、「病気から学んだこと」をひと言で述べるとしたら、それはもう「人生とは思いのままにならないもの」に尽きまする。

 もちろん、これまでの人生でも、思うようにならないことはたくさんありましたが、それらはすべて自分の外側の出来事でした。だからこそ、ちょっとやそっとの困難にはへこたれず、なんとか道を切り開いてきたものですが、今回ばかりはそれも通用しませんでした。自分の内側に起きることが、こんなにも恐ろしくて不安にさせるものだということを初めて知り、もはや成す術はなく、白旗をあげることくらいしかできませんでした。

 ただ、そういう極限状態のときにしか見えないものというのはたしかにあって、それが私にとっては最大の学びになったのではないか、とふりかえっています。このことを端的に表した言葉を見つけたので、引用しますね。

-----
 人生におけるあらゆる出来事には、なにかしらの意味があるものである。当然、病気にもそれなりの意味があるはずだ。
 症状というのは、大事を未然に防止するための警告である。それと気づいてほしいという、身体が発するサインである。それをしっかり受けとめる姿勢が肝心である。
 わたしたちはふだんは仕事など忙しさにかまけて、生きることや死ぬこと、家族関係などをゆっくり考えるひまがない。病気は、生死の問題を考えたり、日常の生活を振り返ったり、先の人生を見やったり、自分自身を見つめなおしたり、軌道修正したりする絶好のチャンスである。
 現在の効率重視、利益重視の社会にあっては、病気や障害や老化は不利であり、損失であり、無駄であり、とにかくマイナスにしか評価されない。
 しかし、「病気になったおかげ」というのは、何ひとつないのだろうか。「人生とは思いのままにならないもの」と気づかせてもらえれば、それは立派な効用というものである。

-----『幸せなご臨終―「医者」の手にかかって死なない死に方』(中村仁一 1998, p.96)

 この本を紹介してくれたのは授業で知り合った院生ですが、とっても味わい深い青年なので、またの機会に詳しくご紹介したいと思っています…
by tomac | 2006-10-15 19:20 | 日々の出来事
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31