人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■記念に代えて

ここ数年、ずっと縛られ続けてきた仕事から、ようやく解放されました!博士論文の出版にむけて原稿の送付を終えたところです。心身ともに軽くなりましたね(笑)

口頭諮問は昨年の7月31日でしたが、まだ治療を始めたばかりだったこともあり、反論や弁明をする力はなく、質問に応答するのが精一杯でしたが、あのときご指摘いただいたいくつかの点を一つひとつ修正して、なんとか自分なりに納得のいく形に仕上げることができました。実際に本ができあがるまでには半年ほどかかるそうですが、2008年の出版となれば、ちょうど、この『The Uses of Argument』(Stephen E. Toulmin, 1958)から50年後にあたり、それは感慨深いことだな…と勝手に思っています(笑)。

b0046050_12281797.gif議論学をかじった人なら誰もが知る本ですが、著者の意図とはまったく別の次元で、ある分野では広く流通し、ある分野では、こてんぱんに批判されてきました。

本というのは、いったん世に送り出したら一人歩きを始めます。こわくもあり、面白くもありますね。この本についてはいろいろな解釈や批評があるのですが、とにかく1958年に出版された本が、半世紀近い時を経て、改訂版(2003年)を出したわけですから、すごいことです。

もっとすごいと思うのは、本に込められたメッセージが時間と空間をこえて名もない一介の研究者のもとに届き、新たな本を生み出す種になったということです。

どれだけ批判されようと、発信されたメッセージは色あせてはいない。

というのが、私の研究者としての立場です。そして、

一生に一度でいいから、そういう本を自分も書きたい。

そう思ってがんばってきました。いつか誰かに届いて小さな種になる日を夢見て…

でも、もう二度と、こんなしんどい仕事はしたくないです(笑)
by tomac | 2007-09-04 13:08 | 『「議論」のデザイン』
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31