人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■情報教育は「新しいワイン」

b0046050_10591372.gifフィンランドとの共同研究でご一緒することになった松下慶太さんの近著を読ませていただきました。仕事をお願いする以上、その人がどんな立ち位置から研究されているのかを少しでも知りたかったので…

てゆーか、メール私語―オトナが知らない机の下のケータイ・コミュニケーション
松下慶太 (2007) じゃこめてい出版


内容については読んでからのお楽しみということで、くわしい言及は控えますが、個人的な感想をひと言で表すなら、情報教育は「新しいワイン」であることを、軽やかなテンポで、わかりやすく解説してくれている一冊ではないでしょうか。

-----

ちなみに、「新しいワインは、新しい皮袋に」という格言をご存知ですか?

新旧の確執」を表すたとえですが、実はこれ、聖書の一節に由来してるんですよ。古い皮袋は伸縮性が乏しいので、新しいワインの発酵に耐えられず破れてしまう、というたとえを用いて、宗教上の古い習慣に囚われた人たちに対する批判が語られる場面にでてきます。

このたとえを用いるなら、情報教育の理念は「新しいワイン」です。それに対して、「学校」という文化はあまりにも「古い皮袋」… といっても、さかのぼれるのはせいぜい明治時代までですが… なので、なかなかうまく行かないんですね。

ここでいう、「学校」という文化とは、物理的・政治的・経済的な制約にがんじがらめの社会的空間、といえるかな…。

それでも、様々な制約の中で、できることを一つひとつ地道にしている人たちをたくさん知っています。

ただ、自分がめざすものはあくまでも、「新しい皮袋」をつくること、ですので、たとえどんな批判にさらされようと、自分の中の優先順位ははっきりさせなければ・・・と思う今日この頃です。

フィンランドと日本の仲間をつなぐ共同研究プロジェクトは、まだ産声をあげたばかりですが、とても夢のある「新しい皮袋」づくりなので、いろんなチャレンジに苦悩するときもあるだろうけれど、前を向いて行きたいです。
by tomac | 2007-10-14 11:05 | プロジェクトいろいろ
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31