人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■空間的・立体的な思考と表現の能力

結局、NHKスペシャルの録画は入手できず、授業で紹介することはかないませんでしたが、再放送があることを期待しつつ、チェックします! ・・・それにしても、示唆に富んだ内容だったなあ、と振り返っています。

たとえば、空間認知というと、卑近な例で恐縮ですが、まず思い浮かべるのは、車庫入れです。

私は、18才で免許を取得して以来、無事故無違反を誇るセイフティードライバーですが、車庫入れだけは何年たっても上達しません。これはきっと、運転席から見えないタイヤの位置をはかれないのが原因です。空間認知能力の高い人なら、目に見えなくても、空間的に距離をはかってタイヤの位置をイメージすることができるはずだと思うのですが、残念ながら私にはその能力は備わっていないようです。ときには、ラインと並行に駐車することさえむずかしい…(;_;)

ただ、車庫入れのような身体的・物理的な空間認知とは別の次元に、どうやら空間的・立体的な思考と表現というものがあって、日頃、学生たちを見ていると、いわゆる読み書きのリテラシーは苦手だけれど、空間的・立体的な思考を要求するような表現力は抜群!というタイプの人がたしかにいます。

従来は、仮にそういった潜在能力があっても、それを表現する術を持たないことのほうが多かったのだろうと思うのですが、マルチメディア表現がこれだけ身近になれば、その表現力を発揮できる機会は格段に増えるはずですよね。

ただ、表現活動の源(つまり、メッセージを生み出すエネルギー)というのは、ツールを提供すれば生まれるというものではありません。ですから、学びの場では意図的な働きかけが必要になるのですが、ここで、人との関わりを前提とするコミュニケーションと能力の位置づけが重要になってくるのだと考えています。

最低限の道具はこちらで用意して、あとは、グループワークを中心とする活動の中で、メンバーたちの表現のエネルギーを刺激する …というのが、考えてみれば、牧野ゼミのスタイルとして、確立しつつあるような気がしますね。

ひとえに、これまで一緒に活動をつくってくれた卒業生・現役生のおかげなのですよ。
by tomac | 2008-10-15 18:07 | コミュニケーション能力って
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30