人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2004年 12月 15日 ( 1 )

■映像の議論学(?)

 映像文法について、mt_bacaさんから、

 アマチュアの映像は、物語やドキュメンタリーより、俳句や短歌に近いのでは?

 というご指摘がありました。

 なるほど。こうなると、まさに「ジャンル」や「スタイル」の領域になるので、

 「文法」というより「修辞法」ですね。

 一方、r3dpin3さんはtrackbackの中で「映像の文法の向こう側の映像の修辞学」

 とおっしゃっていましたが、映像制作の奥深さを捉えた表現だな、と思いました。

 さて、せっかくなので、

 さらに「修辞学の向こう側の議論学」という階層を加えてみると、話はもっと、ややこしくなりますよ…(笑)

 修辞学は、文脈から切り取られたテキストを分析対象とする傾向がありますが、

 そもそも文脈ぬきにメッセージ分析などできない、という問題意識から出発して、

 最近では、議論学という支流が、修辞学という本流に合流してきています。

 とはいうものの、

 議論学は議論学で、双方向という形式に固執する傾向があるのも事実で、

 もっと流動的で柔軟な議論の実態を捉えきれていないのではないか?

 というのが私の立場です。

 そういう視点から、映像レトリックや映像教育を考えてみると、

 言語ではなく、映像で、議論する、とか、

 映像のメッセージを共同でつくる、とか、

 知識ではなく、議論で、共に学ぶ、とか、

 って、いったい、どんな感じになるんだろう??

 というあたりが、

 映像ブログの教育利用に関する研究テーマの核心になるんだろうな…
by tomac | 2004-12-15 14:30 | 牧野ゼミ(表現活動)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー