人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2005年 05月 30日 ( 1 )

■映像ブログ→「+α」

 なんとなく、mt_bacaさんのご尽力に水を差してしまったのでしょうか。決してそういう意図はなかったのですが、そのような印象を与えてしまったとしたら、おゆるしください。

 「どうしてそこまでしていただけるのか?」という問いは、研究者としての自問自答であり、協力者(mt_bacaさん)に向けたリサーチ・クエスチョンでした。もともと映像ブログという発想は、ブログで映像を公開することそのものよりも、閉鎖的・固定的・保守的なeラーニングに対して、開放的・流動的・発展的なeラーニングを模索することにありました。言い換えれば、IDとパスワードで守られた「密室」ではなく、「ガラス張りの教室」で授業を展開したら、どうなるのだろう?という疑問から生まれた発想でした。

 考え方によっては、私は担任の権限を用いてみんなの個人情報を危険にさらし、研究の実験材料としているような側面もあります。けれども、当の本人たちはそんなことおかまいなしで、楽しみながらも真剣に課題と向き合っているように見えます。発表も撮影も編集もすべて初めてであるにもかかわらず、私のイメージしていたとおりの映像ブログ(第1回)が実現しました。さらに、mt_baca(一号)さんは無責任でいていいはずの立場なのに、mt_bacaさん(二号)さんを巻き込んでまで真摯に授業に協力してくださいました。

 いったいこれはなんなのか何が原動力として働いているのか。それが知りたかったんです。こっそりメールでインタビューすることも考えたのですが、それはちょっと違うような気がして、思いとどまりました。はじめから、リスクは承知のうえで、先の読めない授業展開をオープンにすると決めた以上、リターンの追求もオープンにできるのではないか?と思い返したのです。もちろん、授業デザインには実証ずみの効果も含まれていますが、映像ブログという「+α」については、今のところ、未知数です。
by tomac | 2005-05-30 16:22 | 牧野ゼミ(表現活動)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー