人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2006年 10月 08日 ( 1 )

■病気から学んだこと (その4) → 強者と弱者

医療従事者と患者が「強者と弱者」だとしても、たぶん、私は「弱者」ではありません。

この医者は信用できない…といってすぐに別の病院に行けるのは、同じ検査をする度に数千円の治療費を支払っても、その月の生活費を思案するような経済的状況には置かれていないからです。(かつてはそういう状況を経験したけれど

いくらなんでもあんまりだ…と思う理不尽な扱いを受けたら、しかるべき方法で伝えるべきことを伝えられる技能と、(実際にそうしたわけではないけれど)いざというときには相手を納得させるステータスがあるからです。(多くの人はそういうものに説得される

あそこに○○という病院がある、こちらに□□という医者がいる…と聞いてすぐに駆けつけることができたのは、時間をやりくりして車で送迎してくれたり、遠くまで電車を乗り継いで付き添ってくれた家族がいるからです。(泣けてくるほど献身的に支えてくれた

そういう支えを持たないからこそ「弱者」なのだと思います。だからこそ、「強者」と呼ばれる人々がまず学ばなければならないし、そのための努力なら可能な限り惜しみません。が、「弱者」と呼ばれる人々にも学びがなければ状況は変わらないと思います。だって、経済的、社会的、人的な支えは、ただ一方的に与えられるものではないはずだから。

こういうのって、「なに主義」っていうのかしら?
by tomac | 2006-10-08 21:40 | 日々の出来事
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31