人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2008年 02月 02日 ( 1 )

■自由な絆と学び

今年も卒業研究発表会を無事に終えることができました。一昨年、私が病気をして授業もろくにできなかったときの被害をもろに受けた学年なので、途中心配した時期もありましたが、卒研発表会に参加した後輩たち(3回生、2回生)から「とても勉強になりました」という感謝のことばが寄せられるほど、有意義な一日となりました。(早退した人、どこかに行っていて写真に入れなかった人、ごめんなさい!)
b0046050_14403245.gif


ゼミの担任者としての私は、研究の過程や成果に対しては非常に厳しいと思いますが、その一方で、ゼミの組織はとてもゆるいのが特徴だと思います。私が何かを強制するということはほとんどなく、常に自分の意思で判断し行動することを求めます。その代わり、本人がどのような選択をしても、それをそのまま受け入れます。

このように権力や規律による縛りのない空間で、人と人の絆はどのように育ち、また変化していくのか、そして、それがメンバー一人ひとりの学び全体の学びにどのような影響をもたらすのかにたいへん興味があるからです。

ちょうど4月から加わる新メンバーが第5期生になりますが、回を重ねるごとに思うのは、絆の強さが学びの成果にそのまま比例するのではないだろうか?という仮説です。ただし、「絆の強さ」といっても、「自由意思によって生まれる絆」は、権力や規律といった「制度的な圧力によってつくられる絆」とは違うので、注意が必要です。まだ十分に語れるほどには見えていないのですが、とにかく、この日の終わりにメンバーたちにこう伝えました。

それが何なのかを私に見せてください。そうすれば、それが形になったとき、『これだ!』ってわかると思うから。

その後メンバーたちはみんなでアフター(ボーリング+飲み会)に行きました。過去にも、夜の親睦会を計画しましたが、誰も強制しない環境では、ドタキャンが続出して計画倒れに終わってしまいました。それはそれでいいと思って見てきましたが、今回は3年目にして初めてアフターが実現しました。私は一日の疲れを翌日に残したくなかったので遠慮しましたが(笑)、どうやら楽しいときを過ごしたようですね。
by tomac | 2008-02-02 15:20 | 牧野ゼミ(卒業研究)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー