コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2009年 12月 18日 ( 1 )

◆対話デザイン2009  こころの問題に触れる

先週に引き続き、今週もチームのフィードバックは季節感あふれる演出が凝らされていました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの風景大阪LOVER(ドリカム)のBGMで、授業が始まりました。この曲、私も大好きです☆b0046050_11403979.gif
寒さが深まり、学期の疲れもたまるこの時期、しんどい1限の授業はやっぱり楽しい雰囲気で始めたいですよね。一方、私語を謹み心を静めてみんなで集中して授業に臨むというルールも、ようやく定着しました。「イマドキの大学生」だって、ちゃんとできるようになるのです。

-----以下、チームのフィードバックから、ほんの一部を紹介しましょう。-----

では、ここからは前回の授業でオバマの演説を聞いたことを思い出してください。

b0046050_11514088.gifオバマは、彼の背景(つまり、ここでは生い立ちなど)が築き上げる人柄が彼のメッセージを信頼させ、「オバマにアメリカを任せたい」と国民に思わせましたね。このことを今回のジェットコースターの劇の例でいうと、ごーくん・ふーちゃんは長い付き合いの友達であり、その付き合いが、ふーちゃんにとって、ごーくんのメッセージを信頼でき、挑戦するに至りました。

この意見は、信頼が負の感情にまさっているということですね。これは今回のレポートで言う真の意見です。

b0046050_11563479.gifオバマの生い立ちに信頼をおいている人がいる一方で、オバマの背景・バックグラウンドに共感が持てない、信用できないなどで「オバマで大丈夫か」と不安が生じていた人もいるのも事実です。また同じように今回の劇を見てもらったらわかるとおり、信頼できているごーくんの存在にもかかわらず、たっくんはごーくんへの信頼よりも怖いなどの恐怖心がまさってしまいました。

それは信頼よりも負の感情が勝ってしまったということですよね。これは今回の命題で言う、偽の意見となります。
b0046050_1202253.gif
-----以上です。-----

対話から導かれた提言を受けとって講義につなげるのが私の役割です。この日のテーマは「良心」でした。オバマ大統領より歴史をさかのぼって、「I Have a Dream」の演説で有名なキング牧師を取り上げます。「良心」というものは、どのような過程を経て培われるのか?という問いに対する一つの答えを伝えたい。それが授業のねらいです。
[PR]
by tomac | 2009-12-18 12:10 | 牧野ゼミ(対話デザイン)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30