人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2010年 01月 08日 ( 1 )

◆ひとつの節目

卒業研究・卒業制作の締切が近づいています。ゼミ活動の中で最もしんどい時期ですが、そのしんどさは実は、研究・制作の内容以前の問題です。

人は、自分の限界と向き合って初めてその先へ進むことができるのに、そこに至る前の段階で満足してしまう、というのが、「近頃の若者」に感じる傾向です。

ですから、私が最も重視しているのは、研究や作品のレベルではなく、研究・制作のプロセスを通して何を学んだのか、ということです。

-----
頂いたメールを繰り返し読ませて頂き、自分の甘さ・生ぬるさ・中途半端さ・改善点を認識する事ができました。 これから提出までの間に、先生から頂きましたご指摘をもとに、もう一度最初から、文章・構成を練り直します。そしてその作業をすると同時に、じっくり自分自身とも向き合ってみます。
-----


これは一例ですが、この気づきにまで導くことができれば、あとはもう本人に任せて大丈夫です。

ただし、ここまでたどりつくには、学ぶ側も、指導する側も、かなりの労力を消耗します。泣き崩れる人、怒りをぶつける人、相手の反応は様々ですが、それも仕事だと思って全身で受けとめますよ。そうして一緒に乗り越えてきたのです。それはひとえに

学生時代にそういう経験をしないまま社会人になってしまうと本人が苦労するから

という親心です。

けれども、本年度は、諸般の事情を考慮のうえ、その方針を見直しました。

ゼミの学生数が年々増えている、という制度的な要因も無視できませんが、それよりもっと深刻な理由は、百年に一度と言われる不況下で、就職活動を強いられている学生たちの現実です。

この一年間、すでに心が折れまくり、ギリギリのところでかろうじて立っている今の彼ら彼女らに、さらなる追い討ちをかけることが、本人にとってプラスになるのだろうか?と考えると、「壊れてしまう」「つぶれてしまう」という不安のほうが先に立つようになりました。

そして、これはあくまでも個人的な理由ですが、自分の年齢や体力の限界も考えると、そういう「体をはった指導」は、徐々に大学院に移行していく時期なのかな…と、そんなことも考えるようになりました。

いろいろな意味で、人生の節目を迎えています。
by tomac | 2010-01-08 09:01 | 牧野ゼミ(卒業研究)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31