人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

2010年 01月 26日 ( 1 )

◆知識を日常に (その3) どういたしまして

1年生の紹介が続いたので、今回は、卒業をひかえた4年生の男子学生の記述を紹介しましょう。「コミュニケーションと能力」は主に1年次生を対象とした授業科目ですが、社会のことをまだよく知らない1年生と、多少なりとも経験を重ねた4年生とでは、感じ方や捉え方も違うようですね。

-----
私のシューカツを振り返ると、授業で習った「多元的能力」、「議論の十字モデル」をフルに使っていたなと感じました。

「科学的な能力」で企業の事を調べ、知識とし、「メディアの能力」でエントリーシートを書き、「メッセージの能力」で面接官と対話し、「社会的な能力」でフィードバックを受けたり、面接では何がいけなかったのかを自分で内省したり。

「議論の十字モデル」はエントリーシートを書くときや、面接で質問をされたとき、いかに相手に自分の伝えたいことをうまく伝えられるかを考え、抽象、具体、背景、命題、反論、論ばく、提言と、できるだけ論理的に話すことを考えていました。

シューカツを始めたばかりの自分を思い返したり、今の3回生の相談を聞いていると、やはり日本の教育は「メディアの能力」に重点が傾き過ぎているなと感じます。企業研究をし、エントリーシートの書き方を覚え、どのように話すのが良いか、という組み立てはみんな良くできています。

しかし、いざ面接官と対面したときに「対話」がうまくできないのです。ダイアローグではなく、モノローグになってしまうのです。やはり現代の社会では「多元的能力」というものが求められていたんだなと授業を終えて思い返しました。できればシューカツ前にこの授業を受けておきたかったです。

卒業がかかっていて緊張してしまい、誤字脱字が多い読みにくい答案になってしまい申し訳ありません。半年間ありがとうございました。
-----


4年生ともなると、白紙の答案用紙の最後に「卒業がかかっているのでお願いします!」というような記述をする学生がいたりするものですが、彼の場合は、講義内容の理解度を問う残りの4問も、ほぼ満点に近い高得点でした。知識が自分のものになっていたからこそ活用できたのだと思います。

この授業で学んだことが本当に活かされるのは、この先の長い人生ですよ…。
by tomac | 2010-01-26 17:33 | コミュニケーション能力って
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31