コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:牧野ゼミ(対話デザイン)( 115 )

◆対話デザインで、チームワーク(牧野ゼミ11期生のふりかえり)

対話デザインを終えた学生スタッフのふりかえりです。受講生もスタッフもマラソンを走り続けるような持久力が問われますが、学期を通して訓練を積み重ねた成果として、受講生の思考力・判断力・表現力・対話力は鍛えられ、スタッフのチームワークが育ちます。対話デザインの授業システムを導入すれば、大学に一般的な多人数講義科目であっても、こういう実践が可能です。
b0046050_2030484.gif

◆YouTubeはこちらからどうぞ◆

[PR]
by tomac | 2015-02-06 20:37 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆大きく前進!グローバル対話デザイン

フィンランドのパイロットスタディは無事終了し、ふたりでがんばって、なんとか成果を論文にまとめることができました。といっても、私は一部を手伝っただけなのですが。こういう形の共同研究は初めてですが、やりがいを感じる後方支援ですね。フィンランド発の教師教育輸出プログラムから、対話デザインが発信されます。

一方、メキシコでも来年早々に対話デザインが導入されます。フィンランドのパイロットスタディは小規模な試みでしたが、メキシコ国立自治大学のほうは想像していた以上に本格的な取り組みになるようです。法学部の先生方と学生スタッフのチャレンジですから、こちらの側が受ける影響も大きくなりそうですね。楽しみです。

対話デザインDVDの制作には相当な時間と学生の力が注がれています。世界のあちこちの大学で、教員や学生があのDVDを見ながら授業づくりに奮闘する姿を想像すると、長年の努力が報われる思いです。10年間の対話デザイン研究が豊かに実った年でした。(日本では、大学間の競争ばかりが煽られるようで、残念ですね。)

◆対話デザインDVDはこちらから(クリック)◆


[PR]
by tomac | 2014-12-15 19:00 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆今年も始まりました!対話デザイン2014

b0046050_1525110.gif

対話デザインでは毎年、牧野ゼミの3年生がスタッフを務めてくれます。今年のメンバーは体育会系ふうのさわやかなチームになりそうですね。

教育システムとしての対話デザインは国内外に広がっています。ゼミで受け継がれたノウハウの汎用性を高める試行錯誤に取り組み始めました。

評価指標の改良が最大のチャレンジですが、評価研究の第一人者でいらっしゃる京都大学の松下佳代先生が丁寧にご指導くださって心強いです。

[PR]
by tomac | 2014-10-01 15:39 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆グローバル対話デザイン、はじまります!

対話デザインが(クリック)フィンランドとメキシコで導入されることになりました。学生たちと一緒に10年かけて開発した授業システムが、実験的試みとはいえ、グローバルな市民性教育に役立つなんて!長年の努力が報われる思いです。

対話デザインのビデオ教材は(クリック)、日本の大学教育の発展のために制作したので、そのためにも活かされてほしいと願いますが、映像という形で発信したことは言語の壁を越える効果があったということなのかな?とふりかえっています。
b0046050_16383826.gif

お盆休みもとらずに研究チームのメンバーたちと連絡を取っていたので、充実した夏休みでしたが、だいぶ疲れがたまっていたみたいです。なんとなく違和感を覚えて鏡を見ると、白目の部分が出血で真っ赤に染まっていました。こわこわ(ーー;)

「あなたは一つのことに夢中になると歯止めがきかなくなるから心配」と母親に言われて、笑って聞き流しましたが、さすがにブレーキがかかりました(笑)。念願の「グローバル対話デザイン」にじっくり取り組んでいくためにも、気をつけます。

b0046050_16393521.gif

[PR]
by tomac | 2014-09-07 17:11 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆神さま、感謝します。

日曜日の大河ドラマがよかったなあと何度も録画を見たりしてたら、もっと感動的な出来事がありました。

b0046050_1736999.gif

国際会議(EdMedia 2014)にて対話デザインDVDの発表をしましたが、共同執筆してくれた友人の働きかけのおかげで、Authentic Learning理論の提案者としてご高名なHerrington教授と共同研究できる機会が与えられました!

国内では、なかなか認めてもらえなかったので、本当にうれしいです。神さま、ありがとう!

[PR]
by tomac | 2014-08-20 17:39 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆対話デザインのビデオ教材、YouTubeに公開中!

YouTubeへアップロード完了!(^▽^)

◆あらためて、こちらから、どうぞ◆

[PR]
by tomac | 2014-07-12 18:00 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆私立大学教員のアンケート結果

私立大学教員の授業改善白書 平成25年度の調査結果』という冊子が公益社団法人私立大学情報教育協会から配布されました。

全国の私立大学の教員を対象に行われたアンケート調査の結果ですが、そういえば、そんなアンケートに回答したっけなあ~とページをめくっていたら、なんと!自分のコメントが掲載されていました!!!

【(将来)授業でのICT活用計画】
 [人文科学系][総合情報学科][コミュニケーション]
「現在、多人数の対話を有機的につなぐ学生スタッフ媒介システムを導入し、受講生一人ひとりが自律的な議論の参加者になるための訓練を積む授業を行っているが、この授業システム(対話デザイン)を多角的に可視化するビデオ教材を制作し、ネット公開することを計画している。他大学の教員であっても、このビデオ教材を用いることにより、対話デザインの授業システムを自分の授業に導入することができる。」

どなたかが「対話デザイン」で検索するかも!? と、あわててホームページを更新しました。

といっても、まだ工事中です。スミマセン(^^; 


◆いちおう、ホームページはこちらから◆


数日中にはYouTubeにアップいたします。


[PR]
by tomac | 2014-07-11 17:00 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆対話デザイン:学生たちの声とDVD発表について

対話デザインの授業では、学生スタッフが、受講生の(大量の)意見カードを分類します。
b0046050_13574730.gif

今回のスタッフは一人ひとりの意見カードを丁寧に添削してくれましたが、その誠意は受講生たちにも伝わっていたようです。

・毎回、意見カードを書くことで、授業をしっかり聞くきっかけになった。
・考える力がついた。自分の力になり、自信を持てた。
・論理立てて文章を書く能力が高まった。伝えたいことをまとめる力が高まった。
・自分の意見を提出し、それを「ここがダメ、ここは良い」などと説明してくれて、とても身になるいい授業だった。
・十字モデルの話は凄く参考になりました。分かりやすかったです。
・自分の意見をうまくまとめる技術が身についたと思う。これからも十字モデルを活かしていきたいです。
・グループワークが実際に自分たちと密接に関係することでとてもおもしろかった。


スタッフの存在そのものが受講生の学習意欲を刺激するんですね。

・先生とスタッフが協力して良い授業にしようとしていた。
・参加型の授業で、意見が反映されて、とても良かった。質問にも丁寧で良かった。
・スライド、話の内容等から、スタッフの方々がすごく練習したり工夫したりしていることが伝わってきました。わかりやすかったです。
・映像がわかりやすく、おもしろかった。スタッフの熱意が伝わった。
・スタッフのフィードバックで授業内容が復習できるし、プレゼンの仕方の参考になる。
・スタッフの方がホールの中を巡回してくれるので、質問しやすい雰囲気でした。


一般的な講義科目と比べると、受講生にとってはかなり難易度の高い授業システムのはずですが、受講生自身がちゃんとその意義を認識していました。

・すごく丁寧な授業で、向上心をもって取り組めました。(スタッフのフィードバックで)毎回、前回の授業のおさらいをして頂いたので、知識も定着しやすかったように思います。最後の実践(グループワーク・全体議論)は、皆が積極的に発言していて楽しかったです。朝は大変でしたが、きっちり差別化し評価して頂けることも、やる気を増幅させたように思います。ありがとうございました。
・今まで履修してきた授業で1番意味のある授業だったと私は思います。ありがとうございました。


一方、こんな指摘もありました。参考にさせていただきます。

・意見カードでスタッフと先生に交流できますが、先生の意見や教えを直接聞きたい時、先生と話せるチャンスがあったら良いと思います。

ところで、毎年一番多いのが次のような要望です。

・1限なのが、自分的にはすごく辛かったです。授業内容もすごくおもしろいので、1限でなければ、もっと多くの人が受講してくれると思います。

ありがとう。でも、さまざまな制約の中で、この授業を維持していくためには、現状がいっぱいいっぱいです。教員一人の力には限界があるので、組織的な検討が必要になると思います。


◆対話デザインについてはこちらから(クリック)◆

b0046050_1421170.gif
京都大学「第20回大学教育研究フォーラム」(3月18日~19日)にて発表します。

対話デザインを多角的に可視化するDVD 制作
-多人数の対話を有機的につなぐ授業システム運用のためのビデオ教材-
牧野由香里・関西大学総合情報学部牧野ゼミ
3月18日(火)9:00~


[PR]
by tomac | 2014-01-28 14:10 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆対話デザインのDVDが完成しました!

来年3月の大学教育研究フォーラム@京都大学で発表する予定です。
b0046050_1484612.gif

ラベルのデザインはゼミ卒業生の林翔三さんが担当してくれました。
[PR]
by tomac | 2013-10-17 13:39 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆対話デザイン、新たなチャレンジ

b0046050_18142688.gif総合情報学部は情報演習棟(ゼミ室)が新設され、活動の場が広がりました。学生たちの学びも深まりを見せています。効果的な授業づくりに学生を雇用できるTA制度も整い、10年目の対話デザインは新たなチャレンジを始めています。
[PR]
by tomac | 2013-10-10 18:31 | 牧野ゼミ(対話デザイン)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31