人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

■できた(2)

 口内炎が…(うる)
by tomac | 2005-03-18 10:23 | 日々の出来事

■できた

 とりあえず、全16章を吐き出すことができました。もちろん、まだ途方もなく荒削りな状態ですが、あとは削って磨くだけなので、これでようやく月末の目標がぐっと現実的になりました…。(うる)
by tomac | 2005-03-17 22:48 | 日々の出来事

■働くということ

 昨日は思わず、「わが総合情報学部」なんて言葉が出てきましたが(笑)、早いものでここへ来てまるまる3年が経ちました。「石の上にも3年」という言葉があるくらいですし、「いよいよ、これから」という節目のような気もします。

 必ずしも便利とはいえない高槻キャンパスですが、「わが総合情報学部」(笑)を誇りに思うのは、事務職の方々も、掃除スタッフの方々も、生協のみなさんも、みんながプロフェッショナルな仕事をされていると感じて、わが身も引き締まるところです。

 しかし、毎年この時期には、事務職の方々の千里山キャンパスへの異動が決まり、ゆううつな気持ちになるのです。本人のご希望なら、おめでたいことですが、ようやく仕事が面白くなったころに異動が決まるのは、さぞかし、やりきれない思いでしょう…。

 働くことの厳しさを実感するとともに、自分の恵まれた立場を思わずにはいられません。これまで何回か異動を重ねましたが、すべて自分のキャリアのためであり、自分が選んだ道でした。誰かに突然「別の職場へ移れ」といわれるのとは全然違いますよね。
by tomac | 2005-03-16 21:23 | 日々の出来事

■若者らしさ

 そういわれてみれば…と思い出したのですが、ユーゴ展に誘ってくれた学生を通じて、千里山キャンパスのサークルが学園祭で上演したという演劇のビデオを編集して、授業の中で利用させてもらいました。倫理的価値判断の基準が人によっていかに違うのか、ということを考えてもらうと同時に、善悪(正誤)を決めることより、多様な価値基準をすり合わせることによって、「新しい価値」を生みだすことが大切ではないか?というメッセージを意図したのですが、おかげで「対話デザイン」の最後にふさわしい授業になりました。

 授業のあと、脚本を書いた学生たちや役を演じていた学生たちと少しだけ話をしましたが、思えば彼らが、はねこさんに熱心に語りかけたという創価学会系サークルのメンバーだったのかもしれませんね(?)。とても純粋な青年たちでしたが、たぶんそういうところが「宗教」に惹かれる要因であり、だからこそ多くの若者があまり目を向けないことと真剣に向き合うのでしょう。その純粋さが独善性や排他性に姿をかえるとき、「宗教」は「」になるけれど、そうでない限り、若者らしさのひとつかな?なんて思ったりもします…。
by tomac | 2005-03-14 11:08 | 日々の出来事

■信仰のはなし

 昨日の記事にコメントをくださった井上はねこさんは、幼いときの苦々しい体験を聞かせてくださいましたが、どんな宗教にも「宗教的な人=原理主義的な人」っていますよね。キリスト教にもたくさんいますよ。そういう人に限って、「敬虔なクリスチャン」なんていわれてたりする(笑)。

 ちなみに、井上さんが私のことを「クリスチャンと公言している」と思われたのは、このサイトによるのでしょうか?そういわれてみれば、過去のコンテンツにはそういう内容も含まれているので、無理もありませんね(笑)。あまり意識していませんでしたが(汗)。

 いつでも「自分は何か大きな存在に生かされている」という実感はあります。ただ、最近はそれを「○○教」という枠組みに納めることの限界を痛感しています。この感覚はなかなか言葉で表現しがたいのですが、柳澤桂子さんがそれを言い当てています。精神世界に関する言説で、これほどしっくり来る感覚は本当に久しぶりのことでした。

-----
 意識が未発達のときは、自然のすべてに神を観るアニミズムである。自我が確立されてくると、人格神をいただくことになる。この考えは宗教学では否定されているというが、生物学的には、理にかなっていると思う。人格神を超越したところに、神のない信仰の世界があると私は信じている。
 仏教では釈尊はあまり強い権力を持たない。キリスト教になると、のちの人々が、キリストを強い人格神にしてしまう。しかしそのキリスト教でも、バルトは極限まで宗教レベルの神を否定して、「神なしの神学」を唱えた。この思想は弟子のボンヘッファーに引き継がれるが、惜しくもボンヘッファーは若くしてナチスに殺された。
 人格神を否定するのではなく、われわれが謙虚に成熟し、人格神の存在を超越するまでは、われわれは苦しむのではなかろうか。
-----(柳澤桂子「人格神を超越するまで」朝日新聞2005年3月8日)

 なお、柳澤さんは、精神科学、脳科学、生命科学の視点に基づく詳しい解説をされているので、興味があれば、もよりの図書館で閲覧してみてください。
by tomac | 2005-03-12 10:03 | 日々の出来事

■「先生」

 よく研究室を訪ねてくれる学生から「ユゴー展」に誘われました。すごく評判がいいそうで、「ぜひ見に行きませんか?」ということですが、残念ながら、時間的にも精神的にも余裕がなく、丁寧にお断りしました。寝ても覚めても原稿のことで頭がいっぱいで。(涙)

 しかし、学生からのお誘いとはびっくりです。いまどきの若者にはフツーのことなのかもしれませんが、梅田から大阪港までの往復と美術館めぐりの長い時間を「先生」と過ごすなんて、しんどくないのかしら? ていうか、単に「先生」と思われていないのか(汗)。

 でも、展覧会へのお誘いなんてずいぶん久しぶりで、年がいもなく嬉しかったわ。(笑)
by tomac | 2005-03-11 20:48 | 日々の出来事

■めいわくメール

 昨年末に流行ったウイルスメールがまた広がっていますね。このサイトの公開アドレスが利用されたものが私のところにもたくさん届きましたが、しばらく様子を見ていました。公開アドレスが1000通のスパムメールに悪用される一方で、1通の貴重なメールが届くこともあるので、どうしたものだろうか…と判断を先延ばしにしていたのですが。

 そうはいうものの、このサイトは大学のサイトからもリンクしていただいていますし、自分の都合だけでこのまま放置するのは無責任なので、とりあえずの応急処置にすぎませんが、画像をはりつけてみました。あまりに芸がなくお恥ずかしいのですが…(笑)

          ●トップ左のメールのアイコンをクリック●

 ネットワークのあちこちにアドレス情報は存在するので、あまり効果は期待できないか。
by tomac | 2005-03-10 14:01 | 日々の出来事

■自動車リサイクル法?

 車検の見積もりが……自賠責保険料の値上げとリサイクル料金のダブルパンチ!!

 自動車リサイクル法? そんな法律ができていたとは…。みなさんご存知でした?

 環境を思えばやむを得ず、車はますますお金のかかる時代です。でよかった…(涙)
by tomac | 2005-03-09 17:07 | 日々の出来事

■たしかなもの

 名古屋に引越す友人が駅から徒歩2分の部屋に決めたそうです。便利でよかったね~という話に始まって、「毎月の家賃を払うよりマンション購入しちゃう?」という、たぶん独身女性によくある話題(笑)に発展しました。

 友人はわりと真剣でしたが、私はどうも腰が引けてしまいます。かつては契約寸前までいったこともありますが、あの時やめておいて本当によかった~!と心底思うほど、人の気持ちは変わりやすいので…。借金を背負うのは重たいし、もともとモノを持たない主義のせいか、「不動産は巨大な荷物」のように思えてしまう(笑)。

 とはいえ、「お金のままが一番よ」と思っているわけでもないのです。4月から「ペイオフ」(←よくわかっていない)が始まるらしいし、ひとたび天変地異が起きればすべてを失うことだってある。そんな堂々巡りの果てに「いちばんたしかなものは人間関係だよ…」なーんて自分でも意外な言葉を口にしていました。

 いちばんふたしかで、いちばんたしかなもの。…それが人間関係ということだろうか?
by tomac | 2005-03-08 16:08 | 日々の出来事

■第16章

 しばらく頓挫していた本の話ですが、ようやくゴールが見えてきました。ただいま最後の第16章を書き進めています。ちょうどこの週末から、「対話デザイン・プロジェクト」(→カテゴリ→学びのデザイン)の分析を始めたところなのですが、学期中は受講生やゼミ生と一緒にドラマの渦中にあって全く気づかなかったけれど、こうして改めて軌跡をたどってみると、最後をしめくくる章にふさわしい道のりだった…と、ひとり感動しておりまする(笑)。

 第1章は1995年の実践を出発点としているので、まるまる10年かけて、この「対話デザイン」にたどりついたんだなあ…。書き始めてからすでに14ヶ月が過ぎてしまいましたが(汗)、私生活の「いろいろ」(?)を考慮すれば、よくまあここまで集中力が持続したものだ、と我ながら思います。虚栄心と猜疑心に悩まされた一年と数ヶ月でしたが、ここへきてようやく、自分を苦しめたもろもろの感情をこえて、ただ純粋な思いだけが残ったような気がしています。
by tomac | 2005-03-07 19:53 | 日々の出来事
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー