人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

■ことばとイメージ (その2) → 言語表現と映像表現

私は文学少女ではなかったけれど(汗)、話し合いが大好きな生徒でした(笑)。一応、国語の教師を志していたわけですし、学校現場の先生たちと関わる機会が増えるにつれ妙に懐かしく感じるのは、それが私の原点だからでしょうね。(→こちら

国語といっても、小説や随筆の解釈はあまり好きじゃありませんでした。それより考古学系の説明文が好きで(今も好きです)、たしかシルクロードを扱った単元がありましたが、教科書を読みながら、ドキドキしたのをよく覚えています。

そういえば、国語美術の成績だけはいつもよかったです。美術のほうももっと開拓しておけばよかったな~ 近頃、左脳の偏頭痛が気になるのは、長い間論文ばかり読んだり書いたりしてきたからでしょう(うる) …というのは冗談ですが(笑)、

現在は言語表現よりも映像表現のほうに関心が大きく傾いています。といっても、映画や番組のようなおおげさなものではなく、もっと身近な表現方法としての映像やアニメーションの可能性と、その教育方法を追究しています。

その先駆けとして、ちょうど昨年の今頃から、ゼミの第1期生が「議論の十字」のマルチメディア化に挑戦しましたが、できあがった作品を見せてもらった私のほうが「こんなことができるんだね…」と逆に教えられたのでした。

今年のオフィスアワーでは、卒業生たちの作品をいくつか紹介したのですが、先輩たちの歩みに惹かれた新メンバーが「自分も挑戦してみたい!」という意欲をもって集まってくれました。とりあえず、私もみんなと一緒にFlashを勉強します…(笑)
by tomac | 2006-11-30 19:09 | コミュニケーション能力って

■ことばとイメージ (その1) → 小説とテレビ

昨夜から二夜連続ドラマスペシャル(テレビ朝日)として「氷点」が放映されています。原作の小説(三浦綾子作)のことは、このブログでも何回か話題にあがりましたよね。

いまや文学博士という重たい肩書きを背負うわたくしですが、昔から文学少女ではなく、最初にハマった文学作品は、遅ればせながら高校卒業後に読んだ『氷点』でした…(汗)

先日このブログにも登場してくださった中原淳さんは物語の舞台となった旭川のご出身で、ちょうど今月初めに学会でお会いしたとき、『氷点』の話も聞かせていただきました。

「ドロドロしているところがあまり好きじゃありませんが、今また読んだら、印象が違うかもしれませんね…」とおっしゃっていましたが、

たしかに改めてドラマを見てみると、ドロドロさが不自然なほどに濃縮されたストーリーですね。うーん、少なくとも昨夜の前編については「テレビは小説にはかなわないな~」というのが率直な感想です。でも、やっぱり今夜も続きが見たいですな(笑)
by tomac | 2006-11-26 18:05 | コミュニケーション能力って
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30