コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

■対話デザイン2008 → 新しい試み(その3)

たしか数週間前にアマゾンをのぞいてみたら、『「議論」のデザイン』在庫は5点だったのですが、今改めて見たら、在庫が1点になっていました。

どなたか存じ上げませんが、お手にとってくださって、ありがとうございます。

b0046050_1875719.gif
この写真は、大学生協の書籍部で撮影しました。「学術書は店頭に並ぶことなんてないですよー」とすねていたら、お店の方がご厚意で置いてくださいました(笑)。

(来年の年賀状用に顔入り写真まで撮っていただきました! ここにも掲載したいところですが、あんまりカシコイ顔して写ってないので、やめておきます。)


それはさておき、『「議論」のデザイン』のように硬くてオモイ本って、なかなか読み込んではもらえないだろうと思いこんでいましたが、対話デザイン・プロジェクトの副読本という位置づけで採用してみたら、ゼミのメンバーたちは自分の担当する箇所や興味がある部分については、がんばって読んでくれているようで、専門知識も深まっています。

この本はもともと博士論文なので、大学院の授業で取り上げても、院生にとってさえ歯ごたえのある内容ですが、

「一回読んだだけでは理解できないけれど、何回か読むと、だんだんわかってくる」

という声を聞いたりして、とてもうれしいです。

それから、授業の中で補足資料として紹介できるのも便利ですね。たとえば「コミュニケーションと能力」は主に1回生(1年次生)が対象なので、必要以上の内容をつめこみ過ぎないように気をつけて、「もっと詳しく知りたい人は、図書館に行って本を開いてみてください」と言えるようになりました。(それでも難しいという印象は残るようですが…)

何よりも、本年度から科目名称が「コミュニケーションと能力」に改められたおかげで、自分の判断で授業を柔軟に組み立てられるようになり、たいへんありがたいです。

この時期はいわば学期のクライマックスで、倫理的な価値判断について問う挑戦をします。昨日は歴史的な文脈を解説しながらオバマ大統領の勝利演説キング牧師の「I Have a Dream」を紹介しました。さらに、日本の大学生が置かれている立場と関連させながら考えを深めてもらいました。この流れを受けて、来週はシラバスの予定を変更し、「対話の責任」という難しいテーマに正面から向き合ってみたいと考えています。
[PR]
by tomac | 2008-11-27 18:23 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

■すき焼きのたれ

b0046050_19415526.jpg鍋がおいしい季節ですね。温野菜が大好きなので、毎日でも飽きないです。先日キムチ鍋をしてひどい目にあったので(分量を間違えたのかな?辛くて食べられなかった)、めったにしないすき焼きにしてみました。どちらからというと、あっさりした味ポンの鍋が好きですが、ちょうど切らしていて、今回はじめてすき焼きのたれを試してみました。意外といけますね。関西風のすき焼きの作り方も教えていただいたのですが、お湯をたしていたら、関西風なのか関東風なのか、よくわからなくなってしまいました。まあ、とにかく、たれの甘さと生卵とのハーモニーを味わうのは久しぶりで、手軽に作れたわりには美味しかったです。
[PR]
by tomac | 2008-11-24 19:52 | 日々の出来事

■元気がでるイベント

b0046050_17144412.gif急に寒くなりましたね。風邪で喉が痛い日が続いていましたが、ようやく落ち着きました。まだ少し鼻声かな。秋学期も後半にはいり、みんなそれぞれ、いろんなところで疲れが出ていますが、残すところあと数週間ですので、がんばりましょう。

夏の議論ワークショップにてお世話になった日本ファシリテーション協会(関西支部)の方から公開イベントのご案内をいただきました。

●きて みて はじめる ファシリテーション● 

■くわしくはこちらからどうぞ■

12月13日(土)ですが、この頃は授業も一段落しますし、私も申し込んでみました。
[PR]
by tomac | 2008-11-20 17:19 | やわらかい議論ワークショップ

■牧野ゼミ新メンバー(第6期生)の選考結果につきまして

牧野ゼミの新メンバー(第6期生)が正式に発表されました。

「どうして自分が選ばれたのか?」あるいは「どうして自分は選ばれなかったのか?」という問いの答えを求めてこのブログを開いてくれた人のために、私の考えをお伝えいたしますね。

「チームづくり」ということを考えるときに、たとえばコミュニケーション研究でいえば、「組織コミュニケーション」という学術領域があります。主にビジネスや政治の分野で発達してきました。近年では、ネットワーク科学という新しい視点から経営や組織づくりが論じられることもあり、興味深い領域だなと注目しています。

b0046050_1272034.gifこちらは、この夏休みに読んだ本で、とても勉強になりました。

『隠れた人材価値 高業績を続ける組織の秘密』チャールズ・オライリー、ジェフリー・フェファー(Harvard Business School Press)

本に巻かれた黄色い帯に書かれているように、

「普通の人」を「最強の戦力」にする「秘められた価値観」とは?

ということを考えさせられる一冊です。

実は、ここに書かれていることを自分なりに解釈して、今まさに進行中の「対話デザイン・プロジェクト」で実践しています。

効果は絶大です。想像をはるかに超えて…。

もちろん、これを読んだだけで、すべてが変わるわけではないと思います。私は幸運にも、コミュニケーション能力を専門的に研究している人間なので、ここに書かれていることを理解し、直ちに実行することができました。

とにかく、

そういうわけで、私あてに提出してくれた申込書を、「チームづくり」という観点から、じっくりと時間をかけて読ませていただきました。定員枠という制限がなければ、3分の2の方には来てほしかったのです。よく書けていましたし、自分の魅力をきちんとアピールできていました。

私は、イエスマンだけを集めるようなことはしていません。建設的な批判ができることも大事なことですから。また、同じような考え方の人ばかりに偏らないように多様性を重視しました。そうやって、一人ひとりと向き合ったうえで、最後の決断を迫られたとき、

「この人なら、たとえ選考から外れても、きっと冷静に受け止めて、気持ちを切り替えて、どこのゼミにいっても、たくましくやっていける!」

と感じられた人には、「ごめんなさい。どうか、そのチャレンジともう一度だけ向き合ってください」と、心の中で叫びました。

結局、

「もしこの人をお断りしたら、長い間癒えない傷が残ってしまうのではないだろうか?」

と感じた人たちが最後に残っていました。でもきっと、私のめざす「チームづくり」という観点でいえば、それが一番大事なことだろう、と思っています。
[PR]
by tomac | 2008-11-14 12:15 | 牧野ゼミ(表現活動)

■かにぱん情報、ありがとう!

幻のかにぱんの記事に関して、情報が寄せられましたよー!

b0046050_16474368.gif
-----
先生のブログ拝見させていただきました。かにぱんをお探しのようなので、コメントさせていただきます!
スーパー「サンデー」で写真と同じ商品が99円で売られています。ドラッグストア「アカカベ」でも時々105円で売られています。生協(大阪パルコープ)の共同購入で時々、写真より増量のかにぱんが145円くらいで売られています。参考までにどうぞ!!
私も大好きで良くお弁当に持って行きます!
-----


ふむふむ。スーパー「サンデー」や、ドラッグストア「アカカベ」は、たぶん近所にはないと思うけど、生協なら心当たりがあるので、探してみますね。

とにかくこれで、幻ではなかった、ということがわかったので、よかったです(笑)

(コメントに気づくのが遅くなってしまって、ごめんなさいねー)
[PR]
by tomac | 2008-11-10 19:38 | 日々の出来事

■オバマ大統領の誕生に思うこと

人類は歴史上、数々の過ちを犯してきたけれど、それと同時に、前進し続ける力も秘めているんだな、という希望を与えてくれました。

■オバマ氏の勝利宣言の演説はこちら■

オバマ氏の個人としての能力については、授業(コミュニケーションと能力)の中でくわしく話したいと思いますが(…と出し惜しみして・笑)、

個人の能力とは無関係の要素について、考えてみました。

■ブッシュの悪政(*)が8年間も続いて、さすがの米国民も辟易していたこと

■ヒラリー・クリントン氏との戦いという話題性や、YouTubeのような新しいメディアの登場に支えられたこと

■選挙の直前という絶妙のタイミングに金融危機が起きたこと


これらのことは、もちろん、オバマ氏本人が自らの力で捻出した好条件ではないはずですが、歴史的な人物が勝利する瞬間というのは、こんなふうに「風がふく」ものなんですよね。

(*私は拙書『「議論」のデザイン』の中で、ブッシュ政権に対する批判的立場を明示しています。)
[PR]
by tomac | 2008-11-05 21:25 | コミュニケーション能力って

■新メンバー(牧野ゼミ第6期生)が決まりました。

b0046050_15383181.gif多くの選択肢の中から、牧野ゼミを第一志望に選んでくれた・・・にもかかわらず、そして、申込書も丁寧にきちんと書けていた・・・にもかかわらず、お断りしなければならない、のは、とてもとても辛い決断でした。

ごめんね。

決して能力の優劣を比較したわけではない、ということをわかっていただきたいです。

b0046050_15325166.gifb0046050_153307.gifb0046050_15331215.gif

直感を頼りに、心に響く何かを読み取った、ということは、言い換えれば、

この人と、縁があったのかな。

と、なんとなく感じたということにすぎません。こんな説明で納得してもらえるとは思っていませんが、せめて、どういう経緯で決断に至ったのかを伝えておきたいと思いました。

-----
b0046050_15382144.gifちなみに、スケッチ風のイラストは、ゼミのメンバーたちが、教材用に描いてくれたものです。例のごとく、難解で抽象的な講義内容を、愉快でかわいらしいアニメで解説してくれた作品で、受講生にも好評でした。
[PR]
by tomac | 2008-11-01 15:49 | 牧野ゼミ(表現活動)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31