人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

◆届いてるんだ。

b0046050_1211152.gif-----
突然のメール失礼いたします。私は、広島大学教育学研究科(国語)修士1年・幸坂健太郎と申します。研究内容は「論理的思考力を育成する国語カリキュラム」の研究です。研究を進める中で、先生の論文、著書(『「議論」のデザイン』)に出会いました。先生の論は、自分の中で新鮮な論でした。

メールさせて頂いたのは、先生の著書の内容に関することです。私は、まだまだ勉強不足であり、ゆっくり先生の著書を読ませて頂いているのですが、第7章にきたところでどうしても理解できなくなってしまいました。著者である牧野先生に伺うのが一番良いだろうと判断し、失礼ながらもメールを送らせていただいた次第です。お伺いしたいことは、以下の点です。私の理解不足からくる質問になってしまうかもしれないのですが、ご容赦ください。もし先生にお時間ができましたら、返信くだされば幸いです。よろしくお願いします。


質問:(細かいことですみません。2点あります。)
1、p.157に「「メッセージ構築の層」(第3層)には言語化・非言語化レベルの二極(証明・物語)があてはまる」とあります。しかし、p.136の表6.6を見てみると、「言語化・非言語化レベルの二極」には、5~8(「明示的」~「語り的」)があり、「証明・物語」は「受け手」の行にあります。これはどういうことでしょうか?

2、p.156の図7.5についてです。先生は、二次元の紙面上に表すことを断った上で、三次元の図を描いておられます。この図は、三次元上で、同じ大きさの層が縦に重なり合っているのか、それとも、上にいくほど層が小さくなっていくピラミッド型なのか、もしくは逆ピラミッド型なのか、が判然としませんでした。図7.5から判断するに、自我層が一番小さく、世界層が一番大きいです。これを図7.4との関係で考えると、自我層が一番下、世界層が一番上ということになります。なので、先の3つのうち、逆ピラミッド型なのかな、と自分は考えました。この理解でよいのかどうか、というのをお聞きしたいです。
-----

-----
広島大学教育学研究科
幸坂健太郎さん

はじめまして、関西大学の牧野です。『「議論」のデザイン』は研究者向けの本なので、修士1年生の幸坂さんが(解説なしで)一人で読んで理解するのは、やや難しいかもしれませんね。でも、とても丁寧に読み込んでくれている様子が伝わってきましたよ。どうもありがとう。

実は、学期はじめのこの時期はとても忙しくて、じっくり回答を書く時間的な余裕がありません。ヒントをお伝えします。考えてみてください。


まず、質問2へのヒントですが、p.318の図13.1をご覧ください。この図とp.135の「小宇宙」が合体して全体像が描けたことになります。その意味では、質問1の疑問点は、全体像に至るまでの部品を個々に理解しようとしていることによるのではないかな?と思いました。

それから、言葉の違いにも着目してください。p.157「メッセージ構築の層」(図7.7の第3層)は、【メッセージ構築】であるのに対して、p.136の表6.6は【メッセージの共同構築】です。この言葉の違いがご理解いただけたら疑問が晴れるのではないかと思います。「メッセージ構築とは送り手と受け手の間で意味が共有された時点で成立する」という考え方です。

ちなみに、私からも質問していいでしょうか。この本を読み始めたきっかけは何でしたか?

牧野由香里

-----

-----
牧野先生

返信遅くなって申し訳ありません!お忙しい時期を考慮せずにメールしてしまったことをお詫びします。お忙しい中、ご丁寧な返信をくださりありがとうございます。

ヒントを拝受いたしました。また、(7章で躓きましたがそのまま読み進め、)『「議論」のデザイン』を読み終わりました。本の内容はまだまだ理解できていません…先生から頂いたヒントも、今熟考している最中です。ただ、この本は、私の研究、すなわち国語科における論理的思考力育成カリキュラムにとって、貴重な一冊になるのではないか、と自分なりに判断しました。もっと多くの文献と照応させつつ、消化していこうと思います。もし先生からのヒントで内容が読み解けたならば、また連絡させてください。恥ずかしくない回答を考えます。宜しくお願いいたします!

先生から頂いた質問に回答いたします。

河合塾の現代文講師でいらっしゃる成田秀夫先生に紹介していただきました。成田先生とは、広島大学で国語教育を研究しておられる難波博孝先生を通じて知り合いました。国語科では今、論証モデルとしては、往々にしてトゥルミンモデルが用いられています。成田先生から、「トゥルミンモデルについては牧野先生が論じていらっしゃる」ということを伺い、牧野先生の著書も、その際、同時に教えていただきました。成田先生が、牧野先生によろしく伝えてほしい、とおっしゃっていました。

広島大学・幸坂健太郎

-----

-----
幸坂さん

お返事(ご回答)ありがとうございました。ご回答の「続き」も楽しみにしておりますので、またご連絡くださいね。

ホームページの【お便り】をご覧いただくと、この十年間の歩みをふりかえることができますが、国語教育に関していえば、十年前の時点ではまだ「コミュニケーション」が前面に出されていて、「論理的思考力」の存在感は薄かったように記憶しています。学校教育の現場では、十年間の試行錯誤を経て、この問題意識にたどりついた、ということなのかな?と感じました。いずれにせよ、学校教育(国語教育)の現場で私の提案が何らかの形でお役に立てるとしたら、そんなにうれしいことはありません。今後の展開を楽しみにしております。

ところで、成田秀夫先生がご紹介くださったというお話は意外でしたが、たいへん光栄です。私からも、ぜひ、よろしくお伝えください。

牧野由香里

-----

つづく

◆メール交信のつづき◆
by tomac | 2009-09-30 12:14 | 『「議論」のデザイン』

◆対話デザイン2009 おつかれさま

b0046050_17131862.gif3回生、4回生、それぞれカラーが異なります(笑)。それも、このゼミらしさの一つかなと思っています。雰囲気が固定化されることなく、そのときのメンバーが持ち寄った個性によって新しい色がつくられるという感じかな。
by tomac | 2009-09-27 17:20 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆対話デザイン2009 学生スタッフ養成講座

b0046050_18124563.gif今年の対話デザインは、スタッフジャケットにも力がはいってます。ゼミ生がスタッフとして的確に動けるようになるまでには、いくつかのプロセスを経なければなりませんが、不安をとりのぞく最初が何より肝心です。今回は先輩チームがマニュアル冊子、動画教材、スライドをがんばって作成してくれたおかげで、3回生の心の準備が整いました。夜のレクリエーションも楽しいひとときとなりましたよ。b0046050_18121725.gifb0046050_18122677.gif
b0046050_18371053.gif昨年も報告したとおり、スタッフジャケットの効果はあなどれません。去年は学期直前に思いついたので、フリーサイズの無地をそろえるのが精一杯でしたが、今年はあらかじめメンバーが自分たちで工夫して準備しました。そのせいか、自分たちのジャケットという意識が高まったようですね。大事そうに持って帰りましたよ。私のぶんもつくってくれたので、これを着て授業をしようかな~と思っています(笑)
by tomac | 2009-09-25 18:32 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆業務連絡

b0046050_15382144.gif東京での学会を終えてトンボ返りしてきました。学会ではいくつか貴重な収穫がありましたよ。大学教育をめぐる世界の動向については、まだほとんどの人が知らないようでしたが、その重要性と危機感、そして私たちが取り組もうとしている国際共同研究の意義もご理解いただけたのではないかと思います。さて、連休後半はゼミ合宿です。秋学期の対話デザインプロジェクトのためのスタッフ育成はこれまでも毎年行ってきましたが、今年は先輩学生が中心となって準備してくれたので、私は記録係に専念できます。多人数の講義科目で、三者の対話(受講生・スタッフ学生・講師)を通して知識を協同的に構築する、という取り組みの価値も、いずれは認知されるはずです。時間の問題かな。
by tomac | 2009-09-22 12:00 | 牧野ゼミ(対話デザイン)

◆大学生の国際標準テストの話

b0046050_13294644.gifもうすぐ学会発表があるので、せっせとスライドをつくっています。いつも、このブログと同じ色調で、シンプルかつ統一感あるデザイン(のつもり)を心がけていますが、今回の内容は「分析的論理づけ能力」「批判的思考力」「問題解決能力」など抽象的な表現がたくさんでてくるうえに、国際標準テストの話(近い将来、世界各国の大学生の能力を測る統一テストが実施されますよー!)もするので英語の説明も含まれます。そこで、少しでも全体的なイメージがやわらかくなるようにとイラストをペタペタはりつけていたら、いつになく可愛らしいパワポができあがりましたわよ(笑)。
by tomac | 2009-09-15 13:50 | コミュニケーション能力って

◆冷夏の恵み

今年は農作物の被害が深刻だと聞きます。野菜もホント高いですよね。でも、これだけ涼しいと身体がすごく楽で、助かってます。例年9月のこの時期はまだ残暑が厳しいですから。「自宅にはエアコンがないの」というと驚かれますが、風通しがいいので、雨の日以外はほとんど困らないですよ。いつもなら扇風機を使いますが、今年は結局出さずじまいです。夜は寒いくらいで、そろそろ夏布団を片づけないと。

と、そんなことはどうでもいいのですが(笑)、なによりありがたいのは、この涼しさのおかげで、執筆に集中できて、作業が順調に進んでいるということです。たぶん、今週中には全体の半分が仕上がるので、夏休みの目標は達成です(わーぃ)。そのあとは新学期の準備に頭を切り替えて、授業が起動にのったら、残り半分を少しずつ進めます。

あぁ、完成が楽しみです。

前回の『「議論」のデザイン』と違って、大勢の人が出版を心待ちにしてくれているので、どんなに地味ぃでしんどい作業でも、モチベーションが途切れません。

-----

ちなみに、『「議論」のデザイン』は、かなりマニアックな本ですが、たとえばアマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という紹介なんかを見る限りは、関連分野(言語学・教育学・社会学・心理学)の人が購入してくださっているようなので、光栄です。読んでみようと思っていただけるだけでも、うれしく、ありがたいことです。
by tomac | 2009-09-07 21:52 | 『対話による学びへと続く道』

◆卒業生からのとてもうれしい便りです

突然ですが、ゼミの卒業生から電話がありました。この春、映像制作会社に就職したのですが、現在は東京で、テレビ朝日の番組制作に従事しているそうです。ただし、一週間の睡眠時間は1日2時間で、この2週間は東京の自宅にも帰っていない、という話を聞いて、たいへんな仕事だな、と改めて思いました。が、

若いうちは(身体を壊さない程度に)たくさん苦労したほうがいいですよ。若いときに、一流のプロたちと一緒に仕事をさせていただく経験は、貴重な財産です。

電話をくれたのは、卒業研究の代わりに映像制作に挑戦した彼です。

◆こちらからどうぞ◆

映像制作という仕事は、撮影や編集という技術面だけでなく、台本や脚本づくり、そして、撮影の段取りや交渉という、実に様々な業務を含んでいます。彼が、卒業研究の代わりに一連の作業を(アマチュアとはいえ)一通りこなしたことは、いい経験になったと思います。それに、彼はそういう作業を楽しめちゃうタイプなので本当に向いていると思います。


ちなみに、裁判員制度や、政権交代と、世の中いろいろ変革が起きていますが、いまや、学校の国語で映像表現が指導される時代です。

図工じゃなくて国語なのが面白いと思いますが、指導できる国語教員の養成は課題ですね。
by tomac | 2009-09-01 17:16 | 牧野ゼミ(表現活動)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30