コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

◆対話デザインのビデオ教材に字幕をつける

b0046050_1811730.gif


科学研究費のプロジェクトが最終年度です。研究成果を学会で発表したり、DVDパッケージを配布する予定ですが、字幕つき映像コンテンツをYouTubeで公開するというチャレンジも計画中です。翻訳と編集は卒業した留学生が手伝ってくれています。助かるよ!

◆対話デザインの映像制作プロジェクトはこちら◆
[PR]
by tomac | 2013-04-26 18:20 | 牧野ゼミ(映像制作)

◆ありがたいですね【やまだようこ先生と今井康雄先生の書評】

b0046050_18491226.gif
ナラティヴ研究の第一人者でいらっしゃるやまだようこ先生から「とても興味深く読ませていただきました」というありがたいおことばを頂戴し、5年間の科学研究費プロジェクトの報告書『多文化横断ナラティヴ―臨床支援と多声教育』を賜りました。新しい質的研究(ナラティヴ・ターン)にみられる特徴が『対話による学びへと続く道』にもそのままあてはまることに驚きました。

教育哲学の第一人者でいらっしゃる今井康雄先生からは「6年間のフィールドワークのエッセンスが詰まった実に貴重な記録であり物語であり考察であると感銘を受けました」という夢のようなご批評を賜りました。「内本先生という一人の先生の変化・成長を核にして物語が結晶し厚みのある展開になっているのが良いですね。また、牧野さんが単なる観察者にとどまらず、いわば『登場人物』となって、研究者としての自分の成長も含めて研究共同体としての学校の変化が描かれているのが印象深かったです。」
[PR]
by tomac | 2013-04-20 18:39 | 『対話による学びへと続く道』

◆三宮真智子先生から書評メールをいただきました☆

大阪大学(人間科学研究科)教授の三宮真智子先生から『対話による学びへと続く道』の書評メールを頂戴しました。

-----

牧野さん

このたびは,ご著書をお送りいただき,どうもありがとうございました。
興味深く読ませていただきました。

いわゆる「授業研究会のテープ起こし」ではなく,長い時間軸に沿った物語とし
て構成されているんですね。毎日,帰宅後の夜中に読んだのですが,思わず引き
込まれてしまいました。

と同時に,私の方でこれまでミクロな視点から知見を積み重ねてきたことが,実
践場面での牧野さんの気づきと一致し,それが実践に生かされている部分が幾つ
もあったので,嬉しくなりました。(たとえば,対話においては,一発話を短く
して発話交代を頻繁に行うやりとりが効果的であることなど。)

さらに,グループ学習を生かす工夫など,大学の授業で自分が考えていることと
も共通項があり,よりいっそう関心が湧きました。

そのうちまた,意見交換できる機会があるといいですね。

刺激的な,よい本をありがとう!

三宮真智子

-----


三宮先生は「メタ認知」「思考」「コミュニケーション」がご専門です。

心理学の実験的アプローチによる実証研究と、本に描いた学校現場のリアルな姿とが一致する、というご指摘は興味深いですね。

かつて私がまだ大阪女学院短期大学に勤務していた頃、鳴門教育大学で開催されたセミナーの講師としてお招きくださいました。


b0046050_12345763.jpg



『メタ認知 学習力を支える高次認知機能』三宮真智子編著,北大路書房(2008)
[PR]
by tomac | 2013-04-13 16:51 | 『対話による学びへと続く道』

◆2つの本がそろいました

b0046050_1848552.gifb0046050_18491226.gif
『ライティング指導のヒント』(ミネルヴァ書房)は他大学の先生たちとの共同作品です。

『対話による学びへと続く道』(ひつじ書房)は学校現場の先生たちとの共同作品です。

◆詳しくはこちらから◆

[PR]
by tomac | 2013-04-08 19:03 | コミュニケーション能力って
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30