コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

◆内科医として働く旧友から

b0046050_18491226.gif-----
遅くなりましたが、御著書を通読させていただきました。

専門的なところは難しかったけれど、大部分を占める先生方や生徒さんのナマのやりとりはドラマかドキュメンタリー番組を見ているようで、学校には縁のない私も引き込まれ、時にハラハラしながら読みました。

多くが大阪弁なのもリアルでした。文字に起こすのは大変だったのでは。

公立中学の先生は特に精神的負担が大きいのではと以前から思っていたけれど、先生方やサポートするゆかりちゃんたち研究者の、真剣できめ細かい取り組みに敬意を感じました。

ただ、一番驚いたのは中学生がゆかりちゃんのことを「おばちゃ~ん」なんて呼ぶのか!? だったりして(笑)

普段では得られない貴重な読書体験をありがとうございました。
-----


内科医として働く友人からいただいた感想です。

「かねがねニュースなどで学校の先生は理不尽に批判されていると思っていたので、応援したい気持ちです。」

と言って、ブログ公開をご快諾くださいました。

きっと医療の世界にも、いろんな物語があるのでしょうね。病気で通院していた頃、病院という組織の中では、誠実で無欲な人ほど生きづらいのかもしれないと思ったことがありました。

ちょうど『看護教育』という雑誌からご依頼いただいた原稿を書き終えたばかりですが、今度は医療現場の物語を描くことができたらいいな、なんてふと思いました。


◆『看護教育』のホームページはこちら◆
[PR]
by tomac | 2013-06-27 16:24 | 『対話による学びへと続く道』

◆4人の子どもたちと奮闘している妹から

b0046050_18491226.gif-----

あともう少しで読み終わるよ。

何気なく見ていたコの字の教室に、「そういう意味があったのか」と気付いたり、(高槻市立第八中学校)の授業風景や研修会の様子で、先生方も授業の勉強を一生懸命努力してるんだなぁ、と感心しました。

子供達が自分の思いを表現し、議論し、高め合うのを先生が導く、という授業は、やらされてる感が無く、意欲的になるんだろうと想像できるよ。

中学生は、発表して目立つ事を嫌がったり、扱いが難しくなるから、限られた時間の中で本当に大変だと思う。でも、イキがって生意気な子も、気にかけられて、些細な事でも認めて褒めてもらうと、やる気になるよね。

(息子)が、そうしてくれた先生の事を今でも、「あの先生、好きだったな」って言うもんね(^_^)

-----


母からメールがあって、「(妹)が本のことをほめていたよ」と言っていたので、「感想をきかせて~と伝えておいて」と頼んだら、数日後に妹からメールが届きました。

この本は学校の先生たちに読んでいただきたいと思って書きましたが、子どもを持つ保護者の方々が一番興味をもって読んでくださるのかもしれませんね。

[PR]
by tomac | 2013-06-10 18:26 | 『対話による学びへと続く道』

◆大学教育学会で「対話デザイン」の研究発表をしました

b0046050_12321442.gif東北大学で開催された大学教育学会に参加しました。会場スタッフの方々のホスピタリティに感銘を受けました。

「対話デザイン」の研究発表では、参加者の方々との質疑応答を通して、自分の中では当たり前になっていることを、あえて丁寧に説明することの重要性に気づかされました。

さらに、今後の研究の発展にむけて新たな出会いが広がる貴重な機会となりました。

[PR]
by tomac | 2013-06-03 12:39 | 牧野ゼミ(対話デザイン)
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30