コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◆EdMedia2014ダイジェスト

思わぬハプニングさえ楽しんで発表できました。
b0046050_1211999.jpg

すぐ近くのルーテル教会に足を運んでみました。
b0046050_1215686.gif

シンプルですが、ステンドグラスがきれいです。
b0046050_1222573.gif

グローバル対話デザインについて相談しました。
b0046050_1225322.jpg


[PR]
by tomac | 2014-06-28 01:25 | わくわくフィンランド

◆雰囲気だけでも

なつかしい人たちとの再会や、新しい人たちとの交流が楽しいです。こういう感覚って、すごくひさしぶりのような気がします。フィンランドっぽさが伝わるかな?と自分が勝手に思う写真を選んでみました。
b0046050_23565793.gif


b0046050_23574443.gif


b0046050_23581454.gif


b0046050_00481.gif

[PR]
by tomac | 2014-06-26 00:10 | わくわくフィンランド

◆いってまいります

久しぶりの国際会議で、あたふたしています(^^; 
対話デザインの発表なのですが、十字モデルの説明にもチャレンジします!
b0046050_9575467.gif

事務局からプレゼンテーションのスライドをアップロードするようにとの指示がありました。発表論文と一緒にデジタルライブラリーに公開されるということです。

b0046050_9582395.jpg

◆デジタルライブラリーはこちらです◆

対話デザインの運用ビデオ(字幕版)もアップしておきました。いよいよ、オンラインビデオになります!











[PR]
by tomac | 2014-06-21 10:00 | わくわくフィンランド

◆エアメール

なつかしい人から手紙が届きました。かれこれ20年近くゆるやかな文通が続いています。アメリカのウィートン大学院に留学中は、ひたすらレポートを書きまくる日々でしたが、とにかくありがたかったのはライティングセンターの存在でした。
b0046050_1844292.gif
当時、大学4年生だった友人はライティングセンターでマネージメント業務も担う優秀な学生でしたが、英文のチェックだけでなく、レポートの内容に興味をもって一緒に考えてくれました。さすがは文学メジャーですね。
b0046050_18444431.gif
6人の子どもたちをホームスクーリングしている肝っ玉かあさんですが(脱帽です!)、今も変わらず、真剣に耳を傾けてくれています。
b0046050_18561510.jpg
来週はいよいよフィンランドで研究発表(EdMedia2014)ですが、考えてみれば友人は、十字モデルが生まれるずっと前から私の歩みを見守ってくれた人なのです。

[PR]
by tomac | 2014-06-17 19:00 | 日々の出来事

◆赤毛のアンの翻訳者

NHK連続テレビ小説「花子とアン」が話題になっています。残念ながら、私はみていないのですが、「主人公である翻訳者の人生物語が『赤毛のアン』のストーリーと重なっているから面白い」ということだそうです。

b0046050_18491226.gif
そういえば、『対話による学びへと続く道』は、意図して脚色したわけではないのですが(事実に基づくドキュメントなので当然ですが)、なんとなく聖書の福音書のエピソードと重なる場面が多いなと自分ながら興味深く思っていました。


この本、ネットで見かけたリンクをたどると、なんと!スタンフォード大学図書館に置いていただいています。(◆図書館サイトはこちらから◆

b0046050_9541375.gif

いやはや、身に余る光栄です。が、いったい誰が読むのだろう?? 方言が多いので読みこなすのは難しいだろうと想像します。とはいえ、この本の伏線となっている聖書的なメッセージ(←はからずも、そうなりました)を読み取ってくださる翻訳者ともしも出会えたら、それは奇跡ですね。









[PR]
by tomac | 2014-06-14 10:00 | 『対話による学びへと続く道』

◆霊的であるということ

ちなみに、キリスト者は「聖霊」という表現をすることがあります。聖霊は、いわゆる心霊現象とは一線を画していて・・・うーん、なんと説明したらいいのか。

「神」が巨大な存在であるのに対して、「聖霊」はもっとパーソナルな存在というか。あたかも、神さまの分身が直接自分に語りかけてくるような感じです。

たとえば、この日曜日は礼拝の最中に聖書の中から突然ある聖句が飛び出して見えました。(ヨハネ14:18)

ただの偶然だよ、思い込みでしょ、と言われるかもしれませんが、私自身は実際に人生の局面で、そういう語りかけ(メッセージ)を頼りにして選択をしてきました。ですから、自分にとってはきわめてリアルな存在です。


b0046050_17581271.gif

[PR]
by tomac | 2014-06-10 19:00 | 日々の出来事

◆追記

b0046050_958298.gif
断片的な引用だけでは、なかなか著者の真意が伝わらないと思いますので、前後の文脈を補足しておきますね。

『脳神経倫理学の展望』信原幸弘・原塑(編著)



----------
 だが、現時点でそうした問題の可能性を言い立てることは控えるべきであり、宗教と科学の関係に対する神経科学の影響は、今のところ予想しがたいとすべきだと私には思われる。こうした態度に煮え切らなさを感じる人も多いだろう。そこで、最後にこの点を弁明しておきたい。
(中略)
 脳神経科学が人間の脳や心について、着実に研究成果を上げていることは事実である。しかしながら、実験的に裏付けられたさまざまな知見ですら、動物の脳に関するものであったり、かなり限定された実験状況での人間の脳に関するものであり、現実の生活状況における人間にどれだけ当てはまるか、決して定かではない。さらに心と脳の関係という根本的なレベルの問題にいたっては、いまだに難問が山積みしている。科学者自身はこうした限界を自覚しつつ慎重に研究を進めていると思われるが、しかし科学者の手を離れ、脳神経科学の知見が社会の中に流通するとき、往々にしてそうした限界や慎重さは忘れられているのではないだろうか。今の日本には、脳が心のあり方を決定し、またその決定のあり方について脳神経科学が確定的な知見をもたらしているかのように語られるという現状があると思われる。たとえば、ゲームの影響や早期教育に関する論調に見られるように、ときにそれは非常に脅迫的なトーンを帯び、親や教育者を心理的に圧迫し、一部の行政の長に根拠薄弱な見解を植えつけることを通じて、現に日本の教育環境を悪化させていると思われる。
 脳および脳神経科学をめぐるこうした現状もまた、脳神経倫理学が問題にすべき事柄であろう。そして重要なのは、脳神経倫理学の言説自身が、そうした状況を悪化させる一因にもなりうるということである。現在の脳神経科学の知見から今後を予想し、問題が生じる可能性を言い立てることは、脳神経科学が人間の脳や心について確定的なことを知りえているというイメージを補強しうるし、さらにはそれ自身が問題の原因になりうる。たとえば私がここで、宗教が自然化され消滅すると予測したとする。この予測自身は根拠薄弱であるが、しかしそれによって原理主義的な宗教団体が、科学を公共知として受け入れている市民社会に対する敵対的態度を強化するということは十分にありうる。それゆえ、倫理的問題が生じる可能性を安易に言い立てるべきではないと思われる。脳神経倫理学を論じるものは、自らの言説自身が倫理的に有害でありうることを自覚すべきであり、脳神経科学だけでなく、脳神経倫理学自身をも批判的考察の対象とすべきであろう。
-----高村夏輝「神経神学は神を救いうるか」(335~336ページ)-----

さすがは倫理学者だな、というのが一読者としての感想です。

[PR]
by tomac | 2014-06-09 08:10 | 日々の出来事

◆信仰って

b0046050_958298.gif
少しずつ読み進めた『脳神経倫理学の展望』信原幸弘・原塑(編著)を読み終えました。扱っているテーマは多岐にわたりますが、私はもともと「宗教の自然化」というテーマに興味がありました。宗教と呼ばれる人間の営みを脳科学がどこまで説明できるのかということです。

----------
 より重要な問題は、宗教経験の存在が何を意味するかということである。そうした体験の内容である、一切の差異・区別のない統一的な実在や神が実際に存在し、宗教経験をつうじて体験者はそうした存在と出会っているのであろうか。それとも体験者がそうした内容の体験をしたというだけで、実際に出会ってなどいないのだろうか。言い換えれば、目の前にあるさまざまなものを見ている経験と同様の、正しい内容を持つ経験なのだろうか、それとも夢や幻覚に比すべき間違った内容を持つ経験なのだろうか。脳画像そのもの、そして宗教経験の存在自体は、どちらの可能性とも両立しうる。
-----高村夏輝「神経神学は神を救いうるか」(p.325)-----

結局、結論は「宗教と科学の関係に対する神経科学の影響は、今のところ予想しがたいとすべきだと私には思われる」という「煮え切らなさ」を含んでいますが、賢明な判断ではないのかなと私自身は思いました。

ただ、読んでいてなんとなく違和感を覚えたのは、宗教経験が心霊現象のように捉えられていることです。

「神の存在」とは、そういうものではない。出会いの意味が違う。


では、「神の存在」とは、どういうものなのか。ということを自分なりに考えてみました。

私たちの人生は、それぞれ独立した一本の線のはずなのに、あるときそれが人知を超えて(人間の計算や操作がおよそ届かない次元で)あまりにも美しく共鳴する瞬間がある。これはおそらく、科学者が自然界の法則を発見して大いなる存在の前に思わずひれ伏す感覚と似ているだろうと思います。

その意味でなら、宗教と科学には共通点がある、と言えますね。

とはいえ、科学的法則は研究によって見出されるものですが、信仰の歩みは人生そのものが探究のプロセスです。その歩みをお互いに確かめ合って共有するために、私たちは教会に集うのだと思います。ときとして、礼拝や祈りを通して信仰心が高まり、感情がゆさぶられるという体験はたしかにありますが、そのこと自体は信仰の歩みという長い長いプロセスのほんの一面に過ぎないと私は思っています。


b0046050_17114469.gif

[PR]
by tomac | 2014-06-07 10:15 | 日々の出来事

◆小さな一歩

新しい鉢に植え替えましたよ。環境変化に驚いたのか、まだちょっと弱々しい感じですが、しばらく時間が必要なのでしょうね。連日の猛暑で心配しましたが、涼しい風をうけて元気を取り戻しました。
b0046050_14581345.gif

[PR]
by tomac | 2014-06-04 15:00 | 日々の出来事
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30