人気ブログランキング |

コミュニケーション能力と学び(覚え書き)

tomag.exblog.jp ブログトップ

■WebCTユーザ会 (2003年3月20日)

 3月17日・18日に名古屋大学で行われた「第1回日本WebCTユーザカンファレンス」に参加してきました。関西大学のサイバーキャンパス整備事業では、 プラットフォームにWebCTを利用することが決まったため、プロジェクトメンバーたちと一緒に、「WebCTユーザ会」とやらをのぞきに行ったのでした。

 WebCTとは、Webコンピューティングを基本としたコース管理システムの一つで、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のMurray Goldberg先生が1995年に開発したシステムです。その後あっという間に世界中に広まったのですが、日本では、名古屋大学の梶田先生が日本語版を2000年に開発して以来、メジャー になりました。

 開発されてまだ日が浅いこともあり、実践報告の内容は、ほとんどが初期段階のものでしたが、若い力で熱気あふれる雰囲気がとても刺激的なカンファレンスでした。巨大化した学会組織では味わえない感覚に 、すっかり熱くなった2日間でした(笑)。もちろん、システムの一つとしてはシビアに評価していかなければなりませんが、「WebCTユーザ会」というコミュニティには今後も関わっていきたいです。

 来年は自分たちが発表しよう!という決意を新たにしたプロジェクトチームでした。(笑)
# by tomac | 2004-10-16 17:53 | eラーニングあれこれ

■eラーニング実施に向けて (2003年3月6日)

 入試も終わり、ほっとしたのもつかの間、いよいよ4月からの準備に取り掛かります。昨年末に取り組んだ研究者対象のeラーニング実験では、想像していた以上の手ごたえを感じたので、今度は、本格的なeラーニングとして、平成15年度に担当する授業に導入する予定です。

 ところで、情報コミュニケーション技術による遠隔授業に対する批判の一つに「どんなに技術を駆使したところで、対面の授業にかないっこない」というのがあります。たしかにその通り、と思う反面、対面授業ってそんなに完璧だろうか?という疑問が浮かびます。対面授業には、時間と空間を共有できるという大きな利点がある一方で、時間と空間が制限される、という欠点があります。教室の大きさや授業時間によって授業内容や受講人数が決定されるだけでなく、学習のペースは人によって違うのにクラス全員が限られた空間と時間に押し込められてしまいます。

 もしも、時間と空間の制約がなくなり、なおかつ、ほぼ同等の学習効果が得られるのであれば、eラーニングは従来の学習環境の欠点を大きく改善することになるでしょう。4月からのeラーニング授業では、その可能性を学生たち と一緒に考えていこうと思っています。
# by tomac | 2004-10-16 17:51 | eラーニングあれこれ

■不思議な共通点 (2003年2月17日)

 週末は、東京と福島をはしごしました。東京では、教員支援プロジェクト(詳しくは、メニュー「eラーニング」にて報告しています )に参加してくださった先生方と一緒に、今後の共同研究の可能性について熱く語り、福島では、合宿研究会にて「総合的な学習の時間の実践と評価」というテーマのもとに集まった方々と交流することができました。

 東京の会合と福島の出会いには不思議な共通点がありました。現在、教員として現場に立たれている方々ですが、みなさん教員になる前に学校の外で働いた経歴をお持ちでした。それぞれ、高校、大学、FD(大学教員の支援)と教育の場は違 っても、限られた時間の中で、何か共有できる感覚があったような気がします。

 しいて言えば、人と人との対話ができた、という感覚かな。
# by tomac | 2004-10-16 17:50 | 日々の出来事
line

このブログのトップページは www.tomac.jp です。


by tomac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30